F1ならフランスで観戦しよう|臨場感のあるレースが観れる

パスポート

観光に利用するなら

ハワイでのレンタカーの借り方は、インターネットを利用すると便利です。インターネットであれば事前に予約できますし、車種を選ぶこともできますので、快適なハワイの旅を満喫できるようになるのではないでしょうか。

詳しく見る

フォーミュラカー

伝統の一戦をこの目で見る

2008年で途絶えていた伝統のF1フランスGPが2018年から帰ってきます。舞台はポールリカールに移され、激しいバトルが期待できます。チケット代や観光旅行の相場がどの程度になるのか、確認してみましょう。

詳しく見る

知ってて便利な旅行の秘訣

女の人

ハワイでのレンタカーの借り方は、基本的には日本とさほど変わりませんが、日本でネット予約を済ませておくのがオススメ。空港から各社のシャトルバスに乗って営業所まで移動して、そこで免許証などを提示して手続きすることになります。

詳しく見る

世界一のレースと南仏観光

フラッグ

F1で最近大きな話題となっているのが、フランスグランプリの10年ぶりの復活です。新たな会場となるポール・リカール・サーキットは、観光地としても人気の高い南仏プロヴァンスにあります。F1と同時に満喫する南フランスの観光について、お話しします。

詳しく見る

観光先で移動しやすい

自動車

海外旅行先として人気のあるハワイでは、レンタカーを借りて自分で運転をして好きな場所へ観光する方法が便利です。借り方としては、ハワイの営業所で直接契約をする方法や日本であらかじめ予約をしてから現地で借りる方法があります。

詳しく見る

復活が話題の開催国

F1

迫力のレースを楽しめる

2018年のF1グランプリで最も注目すべきなのが、フランスグランプリの復活です。過去にも何度もグランプリのスケジュールに組み込まれてきたフランスですが、開催地となるサーキットの経営的な都合から、近年は開催されていませんでした。新たに国内の別のサーキットが開催に名乗りを上げ、それがようやく認証されスケジュールに復活したというのが今回の流れです。新しく登場するフランスグランプリには、いくつかの特徴があります。その一つが、ポール・リカール・サーキットという、往年のF1ファンには懐かしい名前が帰ってくることです。前回、フランスグランプリの開催が途絶えたのは、国内の中部に位置するマニクール・サーキットでした。こちらも高速サーキットとして名高く有名ですが、復活するのはさらにその以前から使われていたポール・リカール・サーキットになります。こちらも長いストレートが目を引く大胆なレイアウトのサーキットで、80年代には日本でも知名度の高いドライバーが激しい戦いを見せていたことから覚えている方も多いかもしれません。ポール・リカール・サーキットは、F1グランプリの開催地から外れた後は、主にテストコースとして使われていました。ヨーロッパの中心地にあることから、各チームが参加して行うF1レース用タイヤの開発でもこのサーキットの名前がよく上がります。レース用だけでなく自動車メーカーが高速走行時のテストをするのにも使われ、水を撒く装置があることで雨天時の動作状況も確認することができます。

Copyright© 2017 F1ならフランスで観戦しよう|臨場感のあるレースが観れる All Rights Reserved.